初心者が押さえるべきWebマーケティング基本用語まとめ

Webマーケティングを勉強するにあたって、聞きなれない専門用語が多くあります。

実際の現場でも専用語が頻出いたしますので、知らないとそもそもビジネスについていくことすら出来なくなってしまいます。
まずは基本的な用語を押さえておくようにしましょう。

 

覚えておくべきWebマーケティング語句一覧

・直帰率

サイトに訪れたユーザーが最初のページから別のページに移ることなく、サイトから離れることを指します。

 

・オーガニック検索

検索エンジンによって純粋に検索される、広告を含まない検索結果を指します。

 

・seo(search engine optimization)

検索エンジン最適化の略称。検索順位を上げることを指します。
サイトを立ち上げるにあたって、訪問者を増加させるためにも最も必要となってきます。

 

・TD(tittle&description)

検索結果に表示されるタイトルと説明文のことを指します。
クリック数を増加させるためにもTD最適化は非常に重要です。

 

・PV(page view)

サイト内にあるページが開かれた回数を指します。

 

・CV(conversion)

サイト内における成果のことを指します。
サイトごとの目的によって異なり、例えば旅行会社なら資料請求、不動産会社ならセミナー申し込みなど、サイトごとの目的によって異なります。

 

・CVR(conversion rate)

サイトに訪れた人数のうちCVまで至った人数の割合を指します。
CV数÷クリック数で算出されます。

 

・ユニークユーザー

一定期間の間にサイトに訪れたユーザーのことを指します。
PVとは異なり、一人のユーザーが何度訪れても、1と集計します。

 

・セッション

サイトに訪れたユーザーがサイト内を徘徊し、離脱するまでのことを指します。

 

・インプレッション

広告の表示回数のことを指します。たとえクリックされなくても、一度表示されると1インプレッションと計測します。

 

・CPA(cost per acquisition)

広告における、1件のCVを取るためにかかった費用を指します。
広告費÷CV数で算出します。

 

・KGI(key goal indicator)

重要目標達成指標のことを指す。最終目標が達成されているか計測するための指標。
金額で設定することが望ましいですが、ビジネスモデルによっては金額以外の設定もありえます。

 

・KPI(key performance indicator)

重要業績評価指標のことを指します。KGIを計測するために必要なプロセスの度合いを測る指標です。

 

・KSF(key success factor)

KPIやKPIを達成するうえで決定的な影響を与える要因であり、また達成するために必要な要素である。

 

・アフィリエイト広告

サイト上にリンクを掲載し、その成果に対して報酬が発生する成果達成型広告のこと。

 

・リスティング広告

検索エンジンによって表示されるのではなく、一定の金額を支払うことによって検索ランキング上位に掲載されるサイトのこと。

 

・ディスプレイ広告

検索結果によって表示されるのではなく、サイトの中に広告を表示させること。

 

・LP(landing page)

一枚のページにまとめられた、ユーザーにアクションを起こしてもらうことを目的に作られたサイトのこと。

 

・LPO(landing page optimization)

 

ランディングページの目的とする成果を達成できるよう最適化すること。

 

・オウンドメディア

企業で所有するメディアのことを指す。

まとめ

以上がWebマーケティングを始めるうえで、必要となってくる専門用語となります。
はじめは聞きなれない言葉で抵抗があるかもしれませんが、どれも最低限必要となってくるものでありますので押さえておくようにしましょう。

コメント